【必見】住宅省エネ2024キャンペーンについて分かりやすく解説

2024.04.01

分かりやすい 解説 詳しく 初めての補助金 お得 リフォーム 住宅省エネ2024キャンペーン 子育てエコホーム支援事業 先進的窓リノベ2024事業 給湯省エネ2024事業 賃貸集合給湯省エネ2024事業 初心者 初心者向け 内窓 断熱改修 住宅設備 節水型トイレ 高断熱浴槽 浴室乾燥機 コンロ 食洗機 宅配ボックス バリアフリー

昨年度に続き、弊社は今年度も住宅省エネ2024キャンペーンの登録事業者となりました。
昨年のページはお陰様で沢山の方に閲覧いただけましたので
今年もより分かりやすくパワーアップした記事に仕上げました!!

 

ここでは補助金活用初めての方でも分かりやすいよう1ページでご紹介します!
※弊社はリフォーム会社ですので、新築の場合の記載は除きます。ご注意ください。
ご不明な点がある場合は弊社にお気軽にお問合せください。(ご相談・お見積りは無料です)

各メーカー様のお問合せ窓口も本キャンペーンページで掲載されています。対応エリア:武蔵野市・三鷹市・杉並区および周辺地域

■住宅省エネ2024キャンペーンとは

国土交通省・経済産業省・環境省の3省が住宅省エネ化を支援するためにスタートした大型の4つの補助事業の総称になります。以下バナーからキャンペーンページにも飛べます。

!大事なポイント!

補助金の交付申請を含む全ての手続きは弊社のような「本キャンペーンの登録事業者」ですので発注者(リフォームしたい人)は申請の必要はございません。

※申請に必要なご本人確認書類等、提出書類のご準備のご協力や契約書の締結は必要です。

■申請の流れ

※図は住宅省エネ2024キャンペーンより抜粋

■概要

交付申請期間:2024年3月29日~予算上限に達するまで(遅くとも2024年12月31日まで)

!大事なポイント!

上記の通り申請は始まったばかりですが予算は早いうちに達する可能性がありますので申請ご希望の場合は今のうちにリフォーム会社やメーカーへ相談し準備しましょう。予算に対する補助金申請額は日々キャンペーンTOPページで確認いただけます。
※冒頭でも記載した通り上記は「リフォーム」での補助金申請の場合の概要になります。(予算は新築含む)
※1工事内容と世帯属性によりますが、原則1戸あたり20万円が上限。子育て世帯等一部上限の引き上げにより最大60万円まで補助額が引き上げされます。また子どもエコホームのみ下限値があり補助金額が5万円以下の工事も対象外となります。(例外あり)
※2今年度は「性能加算額」「撤去加算額」
が追加され、補助額が昨年度より手厚くなりました。戸建て2台/1戸、共同住宅等1台/1戸
※3 1住戸1台まで。

■リフォームMAP

家のどこが補助金対象になるの?そんな時はまずはリフォームMAPをご覧ください。
以下イラストをクリックすると住宅省エネ2024キャンペーンのリフォームMAPページに飛べ、家の中か外かリフォームしたいところをクリックすると対象となる場所の概略を見られますよ!

※図は住宅省エネ2024キャンペーンより抜粋

 

ここからは、それぞれの補助金事業について更に紹介します。

子育てエコホーム支援事業では、世帯の構成で補助額の上限が異なります。
事業名にもなっている通り、子育て世帯および若者夫婦世帯へ手厚くなっていますが、他の一般世帯でも補助を受けることはできます。
この事業では①必須工事②必須工事と同時に行う場合補助受けられる工事の2種類があります。

①必須工事
必須工事は以下の3種類です。この補助金を申請するには以下のいずれかの工事が必要です。
(1)開口部(窓やドア)
(2)外壁・屋根・天井又は床の断熱改修(断熱材使用した工事)
(3)エコ住宅設備の設置(節水型トイレ・高断熱浴槽・高効率給湯器など)

②必須工事と同時に行う場合補助受けられる工事
上記と同時に行う場合、以下の工事にも補助が適用されます。
(1)子育て対応改修(ビルトイン食洗機・レンジフード・浴室乾燥機・宅配ボックスなど)
(2)防災性向上改修(ガラス・窓の交換)
(3)バリアフリー改修(手すり設置・段差解消など)
(4)空気清浄機能・換気機能付きエアコン
(5)リフォーム瑕疵保険への加入

上記の通り、この事業では住宅に関する様々なリフォーム工事が対象です。
対象製品が決まっていること、補助金額が一部例外を除き5万円以上でないと本事業の補助金は受けられませんので、そこだけ気を付けましょう。

対象製品の検索はコチラをクリック

より詳細の事業概要は以下バナーをクリックしホームページご覧ください。

 

先進的窓リノベ2024事業では、窓やドアなど開口部の工事に対し補助金が受けられます。
上の一覧表でも記載した通り、最大200万円まで補助金が出る大型補助金事業です。
ただし、対象製品が決まっていること、補助額が5万円以上(例外なし)でないと申請できませんのでご注意ください。

内窓設置の効果等も記載した弊社の施工事例はコチラをクリック

より詳細の事業概要は以下バナーをクリックしホームページご覧ください。

戸建て、共同住宅等によらず高効率給湯器設置に対し補助が受けられます。
エコキュート、ハイブリッド給湯器、エネファームが対象です。
今回、さらに性能によっては加算額が設定されエコキュートは最大13万円/台補助が出ます。

より詳細の事業概要は以下バナーをクリックしホームページご覧ください。

去年はなく、今年新たに立ち上げられた補助金事業です。
既存賃貸集合住宅の1棟あたり賃貸住戸2戸以上の住戸について補助対象である省エネ型給湯器へ交換する場合に補助が受けられます。(一部例外として1戸でも補助の対象とできる場合があります)
既存給湯器が既に省エネ給湯器の場合は補助が適用されません。対象要件については注意書きまでよくご覧ください。
先程の「給湯省エネ2024事業」と異なり、こちらはエコジョーズ、エコフィールが対象です。

より詳細の事業概要は以下バナーをクリックしホームページご覧ください。

■ご自宅近隣で相談・依頼できる事業者の検索

以下から検索できます。住宅の所在地、相談したい内容に絞って検索可能です。
勿論弊社も検索すると出てきます。

https://jutaku-shoene2024.mlit.go.jp/search-for-manufacturer/

各対象製品メーカーリンク集

本キャンペーンの対象製品を提供するメーカー様の特設サイトは以下から確認いただけます。

https://jutaku-shoene2024.mlit.go.jp/link/

弊社対応エリア:武蔵野市・三鷹市・杉並区・小金井市・西東京市・練馬区等武蔵野エリア

お気軽にご相談ください(お見積り・ご相談は無料です)